preloder

北欧家具が似合うシンプルな和室:中古家具のある暮らし

「一歩踏み入れた瞬間、高級旅館と勘違いしました(笑)。」

そんなお部屋を紹介してくれたのが、Re-styleを支えるスタッフ小川さん。買取りのバイヤー担当としてもさまざまなお宅にお邪魔させてもらっているので、モノを見る目は肥えていますよね。

「和」と「シンプル」の絶妙な融合と、中古家具およびデザイナーズ家具への熱い想いを語ってくれました。

002バイヤー 小川 / OGAWA



インタビュー 柴田:
お部屋がたくさんあって広いですね~。贅沢!いろいろとお聞きしたいところですが、まずはお部屋のこだわりを教えてください。

小川:
まず、メインの部屋は和室。無印良品の家具とハンス・J・ウェグナーのCH25でナチュラルテイストにしています。くつろぐときは、たいてい天童木工の座椅子に座っていますねー。これは旅館に多く置いてある名品です。たまにイージーチェアに浮気をしますが…(笑)

和室の良さが損なわれないように、気に入ったものだけを置くシンプルな部屋にしています。

基本シンプル、たまにインパクト。これがハイセンスの秘訣



柴田:
確かにシンプルの中にも、小川さんのセンスが光る素敵なインテリアになっていますね。小川さんは、Re-styleでいろいろと購入していますが、その中でも買ってよかったと思う家具や雑貨を教えてください。

小川:
エンツォ・マーリの洋ナシのポスターはすごくかわいくてお気に入り!たまに洋ナシが食べたくなっちゃいます…(笑)すごくインパクトがあるので部屋の雰囲気を明るくしてくれます。

柴田:
わたしも入ってすぐにエンツォ・マーリの洋ナシのポスターには目がいきました!これがあるだけでお部屋の空気がガラッと変わって素敵ですね。こういったものに出会えるのも中古家具屋ならではの気がしますね~◎わたしも洋ナシが食べたくなっちゃいました…(笑)

やっぱり魅力的!北欧デザインの巨匠ウェグナー



柴田:
お部屋の中にある1番好きな家具を教えてください。

小川:
ハンス・J・ウェグナーのCH-25 イージーチェア。いまの和室と相性がぴったりです。また、CH-24 Yチェアもお気に入りです。ウェグナーのファンになったきっかけは、Re-styleでYチェアを購入したころから。そのあとにCH-25を購入し、今度はCH-22とCH-23を検討中です。

柴田:
ウェグナーの商品は当店でも結構入荷しますが、やはりできる限りお値打ちに提供させて頂いているせいか、入荷したらすぐに売れてしまうこともしばしばありますよね。とくにYチェアなんかオンラインストアに載せた途端にすぐSOLD OUT!なんてことも…嬉しい限りです。

イタリアのFLEXFORMに一目惚れ



柴田:
小川さんは買取りにも行っているので、様々な家具を見てきているかと思いますが、つぎにほしい家具はどんな家具ですか?

小川:
フレックスフォルムのLIFE STEELソファです!過去にRe-styleで取り扱ったことがあり、ひと目見た瞬間に衝撃が走りました!まず、宇宙船のようなフォルムがなんともいえません。座り心地も使い込んだヌメ革がとても馴染んで最高でした。

ほかには、アルテックのスツールです。ちょっと腰かけたいときやサイドテーブルにも使えるので実用性も高そうですしね。

柴田:
フレックスフォルムのLIFE STEELソファは、わたし本物は見たことがないです!ぜひ入荷してきてほしい…本革のソファは、経年変化のアジが何とも言えない良さですよね。これは新品にはない魅力。アルテックのスツール60もやはり人気商品ですね。

シンプルなデザインなので今は類似の商品がいろいろと出回っていますが、やっぱりアルテックのスツールは手にした人だけが分かる良さがあります。たまに入ってくる別注品も即売れしますね。

背伸びしないことが、僕が思うセンスの良さ



柴田:
お部屋のいたるところにも小川さん独自のセンスが感じられますが、小川さんが思うセンスがいい!と思う人の特徴は?

小川:
身の丈に合ったことをしつつ、自分なりの流行を取り入れている人ってセンスがいいと思います。「定番」「王道」「基礎」の三本柱にプラスして、ひと工夫できちゃうような余裕のある人です。

柴田:
家具だけでなくいろいろなモノを見て感じることで、磨かれる部分がありますよね。Re-styleには家具や雑貨など、自分では選ばないような多くのジャンルのものが入荷してくるのでわたしもいつもワクワクしています。

たまに「何これ?」なものもありますが、その「何これ?」が他の人にとったら「かわいい!素敵!」だったり。(笑)とっても面白いです。

中古商品は価格だけでなく、安心して買えるかどうか



柴田:
当店は中古家具屋ですが、ちょっと中古家具は不安だな…という人もいるかと思います。そんな方にアドバイスをお願いします。

小川:
新品にはない味がある、キズを気にせずに使える、低予算でいいものが買える。さまざまな中古商品が流通するなか、新品にはなく中古にはあるメリットって実はたくさんあるんです。また、Re-styleをご利用されるお客様からは、「中古だけどきれいだね!」「聞いたことないブランドだけどいいものに出会えた!」とお声をいただきます。

Re-styleに入荷する商品はバイヤーが厳選したもの。それを清掃スタッフがきれいにし、必要であれば補修やメンテナンスを実施。このように、複数のチェックを通過した商品が店頭に並んでいます。

ほとんど1点もののセレクト家具、お求めやすい価格。中古商品のメリットを感じながら安心して買い物ができる。Re-styleは中古家具デビューを応援しています。



柴田:
買取りバイヤーならではの視点で、いろいろとお話ししてくださいました。買取りに出向いてない時は店頭スタッフとしてもRe-styleを支えてくれています。中古家具屋ならではの補修方法やリペアのアドバイスもしてくれます。

Re-styleの店頭スタッフは小川さんはもちろん、豊富な家具の知識を持ったプロのスタッフが接客しています。

インテリアに困ったときは、Re-styleの家具の中から家具をセレクトしたり、コーディネートのアドバイスもしていますので、お気軽にご相談くださいね。
2018-09-20 | Posted in MAGAZINE 

関連記事

YouTubeYouTube