【デザイナー/ブランドシリーズ】北欧デザインの巨匠アルネヤコブセン-1-


家具に興味のあるかたにオススメしたい、デザイナーやブランドの紹介を定期的にご紹介します。
vol.1 :アルネヤコブセン(1902-1971)

言わずと知れた巨匠、アルネヤコブセン/Arne Jacobsen。
インテリアや建築に関心がある人には今更感(笑)がしますが、ユーズド家具を扱う当店でも彼の家具が多く入荷してまいりますので、ここでは当店に過去に入荷してきた家具と合わせてご紹介します。

北欧ブームを牽引するヤコブセンの作品たち

ヤコブセンは、建築からインテリアのみならずカトラリーや空間そのものをデザインしてきました。
生み出されてきたプロダクトは傑作と呼ばれるものばかり。 北欧はもちろん日本での彼の人気はすさまじいものがあります。

なにげない毎日を大切に、ていねいに暮らす北欧の人々の暮らし。
その考えに共感する人々の考えがこの日本の北欧ブームを牽引しているのではないでしょうか?

白鳥をモチーフにした美しいフォルム

【スワンチェア】



アルネ・ヤコブセンの代表作、スワンチェア。 その名の通り、白鳥のような美しさと優雅さを湛えた世界的に人気のチェア。

素材とデザインの斬新さで画期的な評価を得た名作。 エッグチェアとともに、1958年デンマーク・コペンハーゲンのSASロイヤルホテル(ヤコブセン自身が設計)のロビースペースの ためにデザインされたものです。



当店でも入荷したら即売れてしまう大人気商品。そこにあるだけで絵になります。

その愛らしいフォルムと柔らかすぎず、適度な硬さの絶妙な座り心地で現在もなお人気。
硬質の発砲ウレタン素材が使用されており、長時間座っても疲れにくいチェアです。



ファブリックや革張りなど、多様な素材があります。



スワンソファと呼ばれる2人掛けタイプのものも。 最近では人気のミナペルホネンとコラボもしていて日本での人気が再熱していますね。

卵を思わせるフォルムが全身を優しく包み込みます。

【エッグチェア】



スワン同様、SASロイヤルホテルの設計に際し生まれた名作、エッグチェア。



卵型に包み込むようにデザインされているのは周囲を遮断し、煩雑なロビーにおいても自分だけの空間を手に入れることができるように意図されています。 こちらも当店では何度か入荷していますが、すぐに売れてしまします。

芸術的なまでに美しい背座一体の成型合板



【アントチェア/セブンチェア/エイトチェア】



ヤコブセンは、曲線の美への探求に飽きることを知りませんでした。 アントチェアを皮切りに、セブンチェアそしてエイトチェアと続きます。彼の中でもいろいろと可能性を追求して行ったのでしょう。

イス選びに迷っているなら、セブンチェア。



なかでももっとも有名かつ、忘れてはいけないのは累計生産数が500万台を超えている、セブンチェア。

ヤコブセンは非常に進取の気性にあふれた人物で、成型合板が軍需技術から民生化されるといち早くこの技術を取り入れました。 エッグチェアなどの発泡ウレタンのそれもまた然り、細心の技術を自分の作品に昇華しているところから、かなりの新しい物好きだったのかもしれませんね。



こちらもアーム付や革張りなど、カラーバリエーションも多数あります。

20世紀史に残る名作アントチェア。



セブンチェアより前に発表された、こちらのアントチェアも当店では非常に人気が高い商品です。

1952年発売のアントチェア。絞った腰のラインと細長い脚が、アリを連想させるところからアリンコ(蟻)の愛称で世界的に親しまれています。 アントチェアは、座面・背面が一枚の三次元形成合板で作られた世界で初めての椅子です。 デンマークで積み重ねることが可能なスタッキング機能を付けたのもこの椅子が最初なのだとか。 とても軽くて持ち運びも楽々。セブンよりも3年前に出ています。 ヴィンテージのチークの3本脚アントチェアも入荷があった時は即売れでした。 チーク材は現在は販売されていないレアもの。しかも状態も良かったですね~。



こちらはセブンと同時期1955年デザインのFH3105。モスキート(蚊)チェアとも呼ばれています。 デンマークのムンケゴー小学校の内外装をプロデュースした際にデザインされたもの。



こちらもセブン同時期1955年デザインのFH3103。Tチェアとも呼ばれているとか。 1955年から1970年代まで販売され、現在は生産されていませんのでヴィンテージでしか手に入らない希少チェア。 2点ともヴィンテージ入荷で1950年代のものと思われますので、もう70年近くも前の物!ですがとても美品でした。 モスキートチェアは現行で復刻されているようです(ムンケゴーチェアの名で)が、チーク材は生産されていないようでレアもの。



1952年のアントチェアに始まり、このエイトチェアがアルネ・ヤコブセンの最後の成形合板の作品です。 1969年に竣工したデンマーク国立銀行のためにデザインされ、 翌1970年のデンマーク国際家具見本市で製品として 初公開されますが、 当時の成形合板の技術では、この深い三次局面の成形が難しく、品質管理で認められず、 数年で廃版商品となったため、ヴィンテージは希少化と。 2007年、現在の技術でこの完璧なフォルムを実現、復刻となりました。



エイトチェアは、ヤコブセンの名作チェアの中にあってなかなか目にする機会も少ないですね。 またヴィンテージのオーク材が入荷し、これは珍しかった。白ペイントも入荷しました。 リリーという愛称でも親しまれており、なんだかこの曲線美がとてもグラマラス。



ヤコブセンの作品はまだまだありますので、今回はこの辺で。 次回は、建築や有名チェアのみならずテーブルやライト、雑貨までデザインしていたヤコブセンをご紹介します。