ドラマやTVCMを土台でささえる家具たち

中古家具屋で働いていると、様々なシュチュエーションにおいて 一番に家具が気になります。ドラマを見ていても、「あっ 今 一瞬見えたの ○○の家具だっけ?」って気なり ストーリーが入ってこなくて 物語に入り込めなくなっている自分がいたり。。。。

それは どの分野の方も同じでしょうね!アパレル関係のお仕事をされている方であれば ファッションに目がいくでしょうし、家電やパソコン、携帯電話などあらゆるモノ、いわゆるその場では「脇役」となっている モノたちに注視 してしまいますよね。

大河ドラマ「いだてん」で気になったワンシーン

今から100年前 1912年のストックホルムオリンピックから1964年の東京オリンピックまでの52年あまりの歴史を描く「いだてん」。 その頃の日本の風景が 忠実に再現されています。

特に気になったワンシーン 旧東京都庁の一室の再現力!

丹下健三デザインの 旧東京都庁(現都庁も丹下建築設計) それに合わせて、デザインされた剣持勇デザインのイージーチェアなど。 ドラマの中でも、そういった家具の再現まできちんとされているそうです。

実はRe-styleではドラマに出ていたチェアを取り扱いさせていただいたことがあります。

丹下チェア

丹下 プライウッド一体型の チェア

愛知県一宮市の「 墨会館( すみかいかん )」建設に併せデザインされた1957年当時のビンテージチェア。国の登録有形文化財となった「墨会館」の耐震補強・改修工事の際(10年弱前)に チェアなど数点を取り扱いさせていただきました。 現在の墨会館は生涯学習センターと公民館として利用されていますが、設計図や構造体模型などとともに 丹下デザインの椅子のレプリカが展示されているようです。

最近 私が気になったコマーシャル キリン「生茶」 高橋一生バージョン

高橋一生が 軽々と 持ち運んでいる3人掛けソファ。 あれは デザイナー「カイクリスチャンセン」の 「ペーパーナイフソファ」

当店でも扱ったことがあります。また、最近新たに2人掛けのペーパーナイフソファを入荷し、現在はウレタンの交換待ちでバックヤードに保管されています。

ペーパーナイフソファ

1957年に デンマークのデザイナー : カイ・クリスチャンセン によりデザインされ 今はなんと 日本の「 宮崎椅子製作所」 さんにて 販売されています。宮崎椅子製作所さんではこちらの椅子を生産する許可を経て 2008年から 復刻。デザイナーより 復刻生産を許可されるというのは その会社の技術力や理念が認められているということですから 本当に素晴らしいと思います。

高橋一生さん つながりですと 「東京独身男子」 AK(あえて結婚しない)男子 3人とも 高収入の役どころで しかも 独身!ということで 暮らしっぷりも セレブな感じです。モダンでセンスあるインテリアですよね。

太郎(高橋一生)ちゃんのお部屋

リビングのソファとテーブルは HUKLA(フクラ)です。 円形のリビングテーブルの方は リスタイルでも 過去に 何回か扱っているTMRB。 天板が ガラスのタイプや 木のタイプなど 。組み合わせて使うと素敵です。

フクラテーブル

端っこの方のスペースには 小さなカフェスペースがあって そこは unico(ウニコ)の家具で統一されていますね。 木とアイアンを使った ナチュラルで男前なシェルフとか この辺りは 私たちでの取り入れやすい感じです。

ラウンドテーブルは Adday(アディ) シリーズ。Unicoの家具は かなり頻繁に入荷していますが 当店で取り扱った商品画像の同じものが探せなかったので Addayシリーズの キャビネットの画像です↓↓

ウニコ

弁護士 岩倉(滝藤賢一)のお部屋。

こちらはそんなに頻繁に登場しませんが、 ライトはアルコ。 フロス社 の「アルコ」のフロアライトは 歴代 様々なドラマで使われてきました。 これがあれば さまになる! 的な 万能アイテムなのでしょう。 その存在感は あっぱれですよね。 当店でも何度も 取り扱いさせていただいております。そして 素敵なお家にもらわれていきました。。。。

アルコフロアライト

最近のドラマでは 「パーフェクトワールド」

松坂桃李(鮎川樹 役) が かっこいいです。 彼は 一級建築士で 車椅子 という設定ですから 部屋は 「シンプルで機能的」 中央に置かれている 三角形で中央にのみ支柱がある ダイニングテーブルが 印象的ですね。車椅子でも使いやすそうでいいです。 あれは アクタスさんの M21-2 テーブル。

そして 勤務先の設計事務所。 アイアンと 古木などを使った インダストリアルで ガレージ系の チェストやシェルフが目にとまります。 インテリアショップ Rigna さんの ブランド REMBASSY(レンバシー) の商品です。

カジュアルでありながら 個性的でかっこいいスタイルです。 当店でも こういった雰囲気の商品は人気がありますね。

彼女の 川奈つぐみ(山本美月さん)の お部屋も 素敵です。 こちらも アクタスさんが 美術協力しているとのことで ソファから キャビネット テーブルにいたるまで ナチュラルで温かみのあるもので統一されていて 真似したいインテリアです。 でも 一見シンプルに見える家具 一点一点が こだわりのあるもので、お値段もそれなりにします。リビングダイニングに置いてあるものだけで ざっと計算して 100万超えですね。 家電も レトロ調なもので揃えられていて あんな感じで一人暮らししたいなーって夢は広がります。 しかも 広いし。。。

当店でも 入荷すると 即日 SOLD OUT してしまう セブンチェアも使われてますね。 ↓↓

セブンチェア セブンチェア

今では インターネットで検索をすると ドラマやコマーシャルで使われている家具など 沢山の情報を調べることができますよね。 メディアの 最先端インテリア! 自邸のコーディネートの参考にしたいものです。