カイ・ボイスン

カイ・ボイスン(Kay Bojesen)は、木製玩具人形で有名ですが、彼の本業は銀細工師で、1951年にミラノトリエンナーレでグランプリを受賞したカトラリーは今でもデンマーク王室や各国のデンマーク大使館で使用されています。 この『グランプリ』の名で知られるカトラリーは現在、日本の新潟県燕市の大泉物産が製造を委託され、世界中に送り出しているそうです。