withコロナとafterコロナを考える。

緊急事態宣言が全国に発令され、外出自粛が長く続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

今回、リスタイルでは、いろいろと検討しましたが、時短で営業しております。

もちろん、完全休業にしたほうが、スタッフ・お客様の新型コロナウイルス感染・拡大のリスクは

無くなると思います。

      

でも、同時に経済的なリスクが拡大し、違った意味でスタッフも守れなくなり、

お客様へのより良いサービスの提供も出来なくなってしまいます。

私の個人的なの考えは、経済を完全に止めてしまったら、

コロナが収束したころには世間は焼け野原のようになってしまい、

元に戻るのにかなりの時間とコストがかかるんじゃないかと思っています。

  

しかも、コロナで亡くなる方以上に、経済的な面で亡くなる方のほうが多くなると思います。

ですので、リスタイルは、できる限り感染予防対策をし、時短営業という決断をしました。

   

いろんな考え方があり、ご批判もあるかと思いますが、何が正しいかはわかりません。

でも、自分の身を守るのは最終的には自分。

国も自治体も、銀行も、他人も誰も守ってはくれません。

必死にこの困難に立ち向かい、生き残るのみです。

  

で、完全に収束しないであろう新型コロナウイルスと一緒にどうやって商売をやっていくか。

withコロナを考えています。

  

ネットショップでの販売は今までもやっていたので、インターネット上で

どうやってリアルに近づけるか。

  

動画の商品説明やビデオ通話接客。

ZOOMを使ったワークショップやセミナー。

YouTubeチャンネルでのタメに動画。

などなど、いろいろとやっていきます。

   

でも、一番大切でやらないといけないことは、

たくさんのお客様達と繋がっていくこと。

   

いろんなワクワクすることを提供して、

リスタイルをたくさんの人に好きになってもらい、

ネットでもリアルでもたくさんの人が集まって、

リスタイルを通じて一つのコミュニティーを形成していく。

 

一般のお客さんも商売をやっている方も、

いろんな人や業種の方が集まったコミュニティーの形成。

   

そうすれば、今回のような困難があっても、

そのコミュニティーみんなで助け合えると思っています。

   

そんなafterコロナを目指しています。

   

一緒にワクワクするafterコロナをつくりましょう!

   

   

『インテリアをファッションのように着替えよう。』

家具への想いをつなげるために。

    クリック→ ユーズド家具と雑貨のお店 Re-styleネットショップ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です