preloder

中古家具屋の始め方。その1

家具が大好きで、中古家具屋を始めたい!という若者の為に

 

このブログを書く。。

 

Re-style店内

 

中古家具屋といってもいろいろある。

デンマークやフィンランドなど北欧でウェグナーやモーエンセン、フィンユール、アアルトなど

デザイナーズやらヴィンテージ家具を買い付けし、コンテナで輸入して販売する、北欧ヴィンテージ家具屋さん。

 

アメリカでイームズやレーン、ドレクセル、ブロイヒル、ヘイウッドなどのヴィンテージ家具を買い付けし、

コンテナで輸入して販売する、ミッドセンチュリーヴィンテージ家具屋さん。

 

イギリスやフランスなどからアンティーク家具を買い付けし、コンテナで輸入して販売する、アンティーク家具屋さん。

 

そして、Re-styleのように国内で買取をして販売するリサイクル・リユース型中古家具屋。

 

もちろん今回はウチがやっているリサイクル・リユース型中古家具屋の始め方のついてである。

 

Depot Restyleの店内

高校は普通科で大学は経済学部の何の資格も技術もない私がどうして中古家具屋を始められたのか?

 

それは、 誰にでも簡単に始められるから、 である。

 

中古家具屋を始めるにあたって資格や技術は全く必要ない。

 

必要なのはヤル気と資金と古物商の許可のみ。

 

これは最寄りの警察署で簡単に取れる。

 

詳しくは こちら↓↓↓ で分かりやすく紹介されているので参考に。

 超簡単!古物商許可証の申請をやってきた個人編

 

古物商の許可証を取得すれば、もうほぼ中古家具屋を始めたも同然。

 

では、次回はどうやって仕入れるか、などを書くとするか。

 

 

 

『インテリアをファッションのように着替えよう。』

    クリック→ 中古家具専門店 Re-style

 

 

 

 

 

 

 

2018-04-09 | Posted in 社長ブログ 

関連記事